合格体験記

2021/03/18

S.K.くん 都立新宿高校 合格

 

入塾当初は勉強が嫌いで、毎日机に向かう習慣がなかったS君。ですが中3の春から受験を意識しはじめ、毎日少しずつ自習室で勉強するように。直前期は毎晩10時頃まで教室に残って、過去問演習に集中して取り組んでいました。「自学自習」の習慣がついてから大きく成績を伸ばし、みごと第一志望の新宿高校に合格しました。Sくん、おめでとう!


 

僕は中3の春から、受験勉強を始めました。当初は勉強が苦手であまり好きではなく、自分の進路も決まっていなくて不安でいっぱいでした。しかし、塾の先生方からの丁寧な指導を受け、大量の過去問を解いているうちに、少しずつ自信がついてきました。分からない箇所は何時でも先生に訊くことができ、内容をすぐに理解することができました。自分が私立受験で不合格だったときは、切り替えて都立入試に向けてがんばるように励ましてくれて、より勉強に力が入るようになりました。

 

 内申が足りていなかった自分が新宿高校に合格することができたのは、歩楽來の先生方のおかげです。歩楽來に通っていなければ勉強が嫌いなままで、ここまで学力も伸ばせず合格することもできなかったと思います。どんな時も熱心に指導してくださった先生方には感謝してもしきれません。

 

 最初の壁といわれる高校受験が終わり、まだまだたちむかう壁はありますが、今、この時のことを忘れず、進んでいきたいと思います。